かずぶろっ!

岡山で活動しているミュージシャン、1-key(カズキー)のブログです。 気ままに更新したりしなかったり。たまにはのぞいてみてね。

カテゴリ: 【ライブ情報】

ROCKNROAD20172


みなさまご無沙汰しております。

この度、5/28(日)に行われる倉敷ロックンロード2017というイベントがございます。


倉敷駅から西へ約2kmの旧2号線(国道42合繊)
沿線にある複数の屋内外ライブ会場を
1枚の
チケットで自由に出入りして音楽を楽しめる
サーキットイベント! 
ご協力いただいた飲食
店様、屋台などで美味しい食べ物をご用意して
います!
倉敷の街で音楽を存分に楽しんで頂け
る1日をご提供致します! 
(運営説明文引用)


こちらのイベントに1-keyが出演することが決定いたしました。
詳しくはまた追ってご紹介いたします。
よろしければ、遊びにいらしてくださいね。



ご予約は、こちらから。
★予約フォームへ★

※入力画面には、お名前(ニックネーム可)と枚数をお書きください。
 メールアドレスを記入していただけると、なにかとスムーズ。

 


◆1-key関連情報
【YouTube Channel】
YouTube-social-square_red_128px
【Twitter】

【LINE】
友だち追加





ご無沙汰してます。1-keyです。
土曜日の夜、いかがお過ごしでしょうか。

さて、きたる12月13日(火)。
わたくし、倉敷のクッキージャーにて演奏いたします。

平日ですね。「逃げ恥」もあって迷うとこでもありますね。

しかーし、音楽に酔いしれる時間はどうでしょう??(^-^)


しかも、今回、ちょいと面白いことが起こります。
それは見てのお楽しみ的な、それ的なってヤツです。


ちなみに、今年のエンチャレでサポートしてくれた
Tuki様のユニット、Current Colorも出演いたします。


ぜひぜひ、遊びにいらしてください。


ご予約は、こちらからできます。
お名前(ニックネーム可)と枚数を必ずお伝えください。
あとメールアドレスを記入していただけると、なにかとスムーズ。

http://message.blogcms.jp/livedoor/music_1key/lite/input?item_id=340224




以下、詳細です。



【場所】
クッキージャー

岡山県倉敷市老松町4-7-9
TEL 086-425-9901 (17:00-24:00)


【日時】
12月13日(火)

19時30分開場
20時00分開演


【出演】
みほりょうすけ、Current color、1-key、西田 夏美



より詳しい情報はクッキージャーWebサイトへ。
http://cookiejar-live.com






さあ、昨日の興奮冷めやらぬところですが、
エンチャレ2次会、開催されます!

エンチャレ決勝者のうち4組がでます。
準グランプリの大督さんも出ますよ! 
ぜひぜひ。






<日時>
10月10日(月)
□open pm7:30
□start pm8:00

<場所>
クッキージャー

岡山県倉敷市老松町4-7-9
TEL 086-425-9901 

<出演>
大督(京都)/Camparch/1-KEY/やまゆーた


過去の決勝大会にはコンセプトを常に決めていました。
演奏する2曲も、そのコンセプト上の対比になっていたりします。


【2011】
・夏の終わり→僕と現在(いま)

この年は打ち込みでのギターロックをやろうというコンセプトのもと組んだセットリストです。
また流れ的には、「終わりと始まり」という対比になっています。


【2012】
・素直になれたら→負けんな。

この年はピアノを交えた打ち込みをやろうというものです。この年からピアノを練習し始めたので。
「素直になれたら」は歌のみハンドマイクという試みをしました。
「歌のみ」と「楽器あり」の対比になっています。


【2013】
・月影→愛の歌

この年は、「月影」は一人アカペラをしています。
一人でやることの意義を考えた場合、これがいいかなと思ってやりました。
「愛の歌」は初のピアノ弾き語りでの演奏です。昨年から練習して、
このころには一応人前で演奏できるレベルになりました。
またテーマは「ラブソング」。また細かくいうと、「弱い男」と「強い男」の対比になっています。
ちなみに2曲とも「山下達郎」オマージュです。一人アカペラという要素から。

 
【2014】
・SHOWTIME→さあ、ここから

この年、ついに“打ち込みだけ” ではなくなります。
「さあ、ここから」はギター弾き語り。
逆に「SHOWTIME」は、いかにもな打ち込み楽曲という、
曲のスタイルそのものがすでに対比になっているというものです。
楽曲の方向性的テーマは「応援歌」。
どちらも、希望をうたう歌ですが、「SHOWTIME」は鼓舞し、
「さあ、ここから」はやさしく励ます感じという対比になっていました。




という感じ。
年を経るごとに、コンセプトは複雑にもなっています。
もちろんこんなことはその時々で言ったら、なんだか野暮ったいので、あまり言ってきませんでした。
ライブのMCで言ったり、このブログで書いたりしたことはありましたが。

こういう細かいギミックなんて、どうでもいいひとにはどうでもいいわけであって。
「2曲歌うだけじゃない。」って言われておしまいなのですが…。

これは僕なりのエンターテイメントです。
歌う曲。そしてその曲順にも、意味を込めています。



そして今年のコンセプトはもう先に言っておきます。

「孤独」と「光」の対比です。


どんな闇も照らすような、そんな歌を届けます。 



みなさん、こんばんは。
各種報道等で皆様もご存知かと思いますが、
明日10月9日(日)はエンターテイメントチャレンジ決勝大会です。


昨年は参加できなかったのですが、今年は出ます。
予選で落ちた年も含めると、8回目のチャレンジ。

エンチャレが今年で10周年ということを考えると、
ほぼ毎回関わってきた大会なのだなあと少し感慨深くもなります。

 
毎年、ポリシーというのか何なのかわかりませんが、
打ち込みを使って、誰の血も交えず、
「Made by ME」でのステージをしてきました。

そのことに対しては、僕自身、「自分らしさ」と思ってやってきましたが、
本来は、バンドやユニットがうまく進まず、苦肉の策から打ち込みを覚え、
ひとりでやっていくことを決めたのがきっかけだったのを思い出しました。

ある意味、僕の音楽は「孤独の中での足掻き」です。
それが例えば楽曲にも表れています。
「負けんな。」はその典型的な例だと思います。


でもきっと本当に僕が望むものはそこではなく、
「孤独」の先にある「光」を目指して音楽をやってきたはずです。


今年は、その光を、ステージで表現したいと思っています。

 

↑このページのトップヘ